あごを脱毛する際の注意点

脱毛を行う場合にはどの部分の脱毛であっても、どの脱毛の方法であっても注意をすることが必要となっており、あご脱毛でもそれは例外ではありません。

まず、自分のイメージしている脱毛と実際の脱毛とのギャップについてです。

脱毛を行うということは半永久的に毛が生えてくることがなくなると考えている方も多くいると思います。
これは一概に間違えてイメージしていることではなく、実際には半永久的に毛が生えてこなくなるものが永久脱毛と言われているものになります。
しかし、あごに生えている毛は、比較的再生能力が強く、毛自体も強いものになるため、永久脱毛にならないケースもあるということです。
そのため、個人の体質によっては毛を減らす事ができたり、毛を細くすることができますが、永久脱毛をすることができないという事も考えられますが、反対に一部分だけ毛が残ってしまったり、まばらに毛が残ってしまう可能性もあります。

この様な場合には美容クリニックやエステサロンでも効果が出る部分に照射するレーザーの時間や出力を調節するなどの対策を行っておりますが、自分で気になるようであれば施術の前にしっかりと医師やエステティシャンにそのことをつたえるようにしましょう。

そして、自分で脱毛を行うという場合には十分な注意が必要になります。
あごは顔の一部になりますので、ここでミスをしてしまうとその部分が目立ってしまい、反対に恥ずかしい思いをしてしまう事もあります。
よくありがな事はカミソリを使った脱毛で、誤って肌に傷を作ってしまうというケースです。
これはどの脱毛でも同じようなリスクがありますので、十分注意をしていることと思いますが脱毛ワックスやクリームを使った自己処理ではしっかりと薬品を塗らなかったためにまばらな仕上がりになってしまったという方もいます。
また、肌が弱く薬品を塗った部分の肌が荒れてしまうという可能性もありますので、十分に注意をして脱毛を行うようにしてください。

You Might Also Like